Tel / 025-378-0339

川崎マネジメントオフィス

◆ 労働問題 メンタルヘルス キャリア開発 コンプライアンス 労使紛争 リスクマネジメント 年金・退職金 資産運用 相続 ◆  社会保険労務士・行政書士・FP

インフォメーション

2020-02-12 10:00:00

 効率よく仕事をするためには、「優先順位」を明確にして、仕事に取り組むことが非常に重要になります。「優先順位」を明確にせずに、目の前にある順番で仕事に取り組んだり、すべて同じスピードで仕事を進めることは、効率が悪いだけでなく、生産性の低い成果しか得られない事態に陥ります。そして、この仕事の「優先順位」については、誰かが教えてくれるものではなく、自分自身で判断するものであり、状況の変化や時間の経過により、常に変動することも認識する必要があります。たとえ、すべて「大至急」や、すべて「最優先」などと言われて、どんなに強烈な命令を受けていたとしても、必ず自分自身の中で「優先順位」を明確にして、仕事に取り組むことが重要なのです。
 会社の中で、上司からの指示や命令、取引先からの問い合せなどを受けて、直ちに「報告」や「回答」をしなければならない状況であっても、落ち着いて対処することが必要です。その指示や命令、問い合わせが求めるものが「スピード」なのか「正確性」なのか、「検証」や「裏付け」なのか、または「丸投げ」や「責任転嫁」なのかを冷静に見極めて、「優先順位」を的確に判断することが重要になるのです。どんな仕事であったとしても、その仕事の本質を見極めたうえで、自分自身の中で「優先順位」を判断することが、効率よく仕事をするために必要なのです。