Tel / 025-378-0339

川崎マネジメントオフィス

◆ 労働問題 メンタルヘルス キャリア開発 コンプライアンス 労使紛争 リスクマネジメント 年金・退職金 資産運用 相続 ◆  社会保険労務士・行政書士・FP

インフォメーション

2018-08-24 10:00:00


4つの分野の専門家(各ADRセンター担当者)が、あなたの「困った!」を解決します。

相談枠には限りがありますのでお問い合わせ・ご予約はお早めに!   

 

   日  時     平成 30年 9月 1日(土)   午前 10時 ~ 午後 3時
   会  場  

  まちなかキャンパス長岡 3階302会議室

   問合せ    新潟県行政書士会事務局                
   TEL 025-255-5225 

 


2018-08-03 10:00:00

 

誠に勝手ながら、当事務所では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 【夏季休業期間】
   平成30年8月13日(月) ~   平成30年8月15日(水)
    ※ 8月16日(木)より、通常業務を開始します。

 

 


2018-07-23 10:00:00


  
脱・老後難民 ~人生100年時代を生きるお金との向き合い方~

                  

【講  師】    野尻 哲史 氏  (フィデリティ退職・投資教育研究所 所長)                    

【日  時】     平成 30年 8月 25
日(土)  13:30~15:00

【会  場】     朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター【2階 201号室】

【共  催】     +YOU 投資未経験者・初心者向けセミナー in 新潟

【申  込】     株式会社東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 +YOU担当
                   https://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/seminar/d08/20180825.html    



2018-06-18 10:00:00

 突然、部下から「相談があります」とか「お話があるのですが」などと言われると、上司としては非常に不安な気持ちになります。良い話でないことが予想されて、どんなに悪い話なのかと思い、上司は憂うつな気分に陥ることになります。ところが、実際に部下の話を聞いてみると、思ったほど悪い話ではなかったり、想定内や許容範囲の話であったりして、拍子抜けをしてしまうことがあります。ただ、このような場合に上司は、部下の話をそのまま素直に受け止めていてはダメなのです。部下が上司に相談するときには、部下は勇気を振り絞って、上司に話を切り出している場合がほとんどです。そして、部下は話をしながらも、悩んだり葛藤したりして、上司の表情や顔色を見ながら話をしているのです。ですから、最も重要で大切な事実や問題の本質について、部下が最初からストレートに話をすることなど、あり得ないことを前提に、上司は部下の話を聞かなければならないのです。間違っても、話の結論を急いだり、意味のない前置きや、最初の導入部分の話だけを聞いて、反応や判断することのないようにする必要があるのです。
 多くの場合、部下が上司に相談をするときに、部下は解決策や打開策などの答えを、上司に求めているわけではありません。大切なことは、部下の相談の核心や本質を明確にすることであり、部下にすべてを喋らせ、部下からすべてを引き出すための傾聴のスキルが、上司に対して求められていることなのです。


 


2018-05-18 10:00:00


下記内容ならびに日程で説明会を開催いたします。

昨年度より、有料(受講料 3,000円)での開催とさせていただいております。

受講を希望される方は、事前に電話による申込みをお願いいたします。



  ◆ 平成30年  6月 13日(水)  PM 3:00 ~ PM 4:30

                       「 相続税評価の特例と適用条件 」

                 
     ~ 土地節税対策の注意点 ~   
 
 
   
  


  ◆ 平成30年  7月 17日(火)  PM 3:00 ~ PM 4:30
 
 
                             「 キャリア・マネジメント  ① 」

                       
~  キャリアとは何か?   ~
  

  

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...