Tel / 025-378-0339

川崎マネジメントオフィス

◆ 労働問題 メンタルヘルス キャリア開発 コンプライアンス 労使紛争 リスクマネジメント 年金・退職金 資産運用 相続 ◆  社会保険労務士・行政書士・FP

インフォメーション

2018-04-27 10:00:00

 会社で仕事をしていて、「精一杯やったので、どんな結果でも諦めがつく」とか、「やるべきことはやった」や、「できることはすべて行った」といった発言を耳にすることがあります。爽やかで、潔い発言のように聞こえますが、他人が言うのならまだしも、自分で自分のことを言っているのを聞くと、かなりの違和感を感じてしまいます。会社で働く人の大部分は、結果を得るために仕事をしているはずなので、このような発言を聞くと、どうしても自己弁護や責任回避にしか聞こえてこないからです。また、会社で仕事をするうえで、結果や成果をコミットしないような仕事に、価値や意味を見出すことは非常に難しいことです。そして、過程やプロセスで終わるような仕事も、会社の中ではあり得ないはずなのです。ここまでやったからこそ「絶対に結果を出す」とか、「今までの苦労を、絶対に無駄にしない」や、「結果を出すまで、やめられない」といった執念や意地みたいなものが、仕事をするうえで大切なのではないでしょうか。
 「精一杯やった」、「やりきった」と自ら言い切れることは、本当に素晴らしいことではありますが、「まだ何かできないか」、「もっと何かないのか」といって自らを追い込み、手を緩めることなく、最後まで結果を追い求めていくことが、成果を得るためには必要なのです。「諦めたら負けだ」、「転んでも、タダでは起きない」といった「往生際の悪い人」だからこそ、結果がついてくるのではないでしょうか。



2018-04-13 10:00:00

 顧客や取引先からのクレームやトラブル対応で、日々心を悩ませながら働いている人も多いかと思います。自分の失敗や間違いが原因の場合もあれば、自分ではコントロールできないことが原因である場合もあり、組織の中で同じ過ちが繰り返されるような、悪循環から抜け出せずに苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。また、自分の苦手な顧客や取引先、避けているような仕事にかぎって、クレームやトラブルなどが多発するといったことも起こり得ます。ただ、どんなに重大なクレームやトラブルが発生したとしても、絶対に「逃げない」姿勢と、すべてを「受け止める」覚悟は、忘れないでいただきたいのです。同じ過ちを繰り返さないためにも、この姿勢と覚悟が絶対に必要になるからです。そして、クレームやトラブルが発生した場合には、対処する方法や手段も大切ですが、どのような姿勢で立ち向かい、どのような覚悟で対処するかが、最も重要であることを認識していただきたいのです。
 実際に、「ここで逃げたら、また同じ過ちを繰り返す」との危機感や、「すべて自分の責任として、全部受け止める」との決意で対処したことが、人から評価され信頼を得て、その後の成果や結果に結びついた事例など数えきれないくらいです。大切なことは、クレームやトラブルが発生した時に、「嫌だな」とか「面倒だな」と思うのではなく、「強がり」でも「やせ我慢」でもいいので、力を発揮する「チャンス」が来た、成果を上げる「チャンス」を得たと、受け止められるかがポイントなのです。



2018-03-16 10:00:00

下記内容ならびに日程で説明会を開催いたします。

昨年度より、有料(受講料 3,000円)での開催となっております。

受講を希望される方は、事前に電話による申込みをお願いいたします。



   平成30年 4月 18日(水)  PM 3:00 ~ PM 4:30

              「 働き方改革 」の主体と本質

            ~ 「働かせ方改革?」 「休み方改革?」 ~ 

  
     
        

  平成30年 5月 16日(水)  PM 1:00 ~ PM 2:30
  
               「 家族信託の仕組みと活用事例
 
                 ~ 成年後見制度、遺言書との比較 ~
     
 

 

 


2018-03-05 10:00:00

 会社組織を運営するうえで、職場の管理職は常に重要な役割を担っています。会社業績や収益拡大への貢献は当然のこととして、様々なトラブル対応やクレーム処理、ハラスメントやメンタルヘルス対策など、職場の管理職による判断と対応が非常に重要になります。管理職の誤った判断や対応は、事態を悪化させたり、会社に大きな損害を与えることになり、重大な事件や事故に発展する可能性も高いのです。ところが、このような重要な役割を担う管理職が、実際には日常業務に忙殺されていて、冷静な判断や対応ができないくらい、疲弊しているのが現実ではないでしょうか。会社が管理職に対して、スピードや結果を求めるのであれば、管理職が十分に力を発揮できるような環境整備や、管理職の権限や裁量、バックアップなどの体制が十分であるかを検証していただきたいのです。
 会社組織における管理職とは、会社の内外に対する、あらゆる意味でのキーマンです。会社の業績拡大や収益向上、人材育成や職場環境など、管理職ですべて決まるといっても過言ではありません。また、追い詰められた管理職自身が、トラブルや不祥事の原因となるケースも多発しています。ですから、管理職が自らの能力を思う存分に発揮し、安心して業務に邁進できるような支援が、会社に対して求められるのです。管理職には、常に厳しい結果責任が求められることになりますが、現場の管理職への「マル投げ」であったり、管理職の「個人技(わざ)」に頼ることのない組織運営が、会社経営において必要なことなのです。


2018-02-19 10:00:00


日 時 : 平成 30年  3月  3日(土)  10:00 ~ 16:00


       予約電話番号  025-250-7759 (平日9:00
~17:00)
 

 県下4会場で


   ◆ 長岡会場   : まちなかキャンパス長岡 502会議室
                                   長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト5F

   ◆ 上越会場   : 上越市市民プラザ 第8会議
                                上越市土橋1914-3

   ◆ 三条会場   : 三条商工会議所会館4階 第2会議室
                     三条市須頃1-20

   ◆ 新発田会場 : イクネスしばた 2F多目的室4
                     新発田市諏訪町1-2-12




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...